1_1438895247458
1_1438895247458
ドラッグの依存症と言えば、一生完治することはないとまで言われます。





ドラッグといえば、何が一番問題かというと、その強い依存性です。
依存性がつよく、どうしても脳がその時の快感を忘れられない為に、またドラッグ依存へと逆戻りしてしまうのです。
これが、ブレビスタチンという薬を注射することにより、その脳に記憶されたドラッグの記憶が全く消し去ることができるというものです。

まだ、すべての人に効果があるのかなど、研究段階ですが、この薬が利用可能になれば、依存症がなくなるかもしれません。