ツタンカーメンやネフェルティティの治世と共にXVⅢ王朝に生きたかもしれないこのミイラは、ケントさんと名付けられました。
Kent from Egypt
 




 専門家がこの古代エジプトの司祭に、最先医学の技術を駆使して顔を再構築したところ、推定年齢は50歳くらいだということがわかりました。最先端の技術で、もろくなっている包帯を取り外すことなく完璧な頭骨を再現することに成功しました。髪の毛はいかなる解剖学的遺跡からもたどることが出来なかったため、ケントさんの推定職業とその時代の背景をもとに作り上げたそうです。

 

Giving a mummy a face: Forensic techniques are used to reconstruct the bandaged head of ancient Egyptian priest

Read more: 
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3226253/Giving-mummy-face-Forensic-techniques-used-reconstruct-bandaged-head-ancient-Egyptian-priest.html#ixzz3lB7OQLgA